■ファンケルマイルドクレンジングオイルの成分を解析してみた!

ファンケルマイルドクレンジングオイルは女性の方にとってとても人気のある商品みたいですが成分は一体何が入っているのか気になるところですよね?そこで今回の記事では一つずつ成分を詳しく紹介していきますのでご覧下さい。

マイルドクレンジングオイル

■ファンケルマイルドクレンジングオイルの成分について

  • エチルヘキサン酸セチル→エモリエント
  • ジイソノナン酸BG→エモリエント
  • ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10→乳化剤
  • (カプリル酸/カプリン酸)カプリリル→エモリエント
  • オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20→洗浄剤
  • ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン→エモリエント
  • ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20→洗浄剤
  • メドウフォーム油→エモリエント
  • ジメチコン→エモリエント
  • (ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル→エモリエント
  • ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)→エモリエント
  • トコフェロール→エモリエント
  • ステアリン酸イヌリン→ベース成分
  • パルミチン酸デキストリン→エモリエント

以上がファンケルマイルドクレンジングオイルの成分となります。それでは1個ずつ詳しく紹介していきたいと思います。

エチルヘキサン酸セチルの効果とは?

肌を柔らかくして、保湿性の高い膜を肌表面にはってくれます。水分が空気中に蒸発しないようなしっかりと保護してくれる役割があります。他にもエチルヘキサン酸セチルは飲み物を入れるペットボトルに使われており名古屋大学でパッチテストも行われているので安全性の高い成分だと思います。

ジイソノナン酸BGの効果とは?

クレイジングはどうしても肌にダメージを与えてしまいがちですがそれを優しく補ってくれるのがジイソノナン酸BGです。また汚れを素早く溶かせる効果があります。

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10の効果とは?

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10は植物から取れるイソステアリン酸が主成分でグリセリンを付加させたもの。肌の潤いを与えながらしっかりと汚れを落としてくれる効果があります。しかし植物性なのでアレルギー反応が出る可能性があります。

カプリル酸/カプリン酸の効果とは?

一般的な成分効果としてシミ、しわ予防/くすみ予防/保湿する働きがあります。また脂肪酸を主体とする油脂であり、脂肪酸とグリセリンがエステル結合したトリグリセリド。要は普通の油脂です。メイクの落とした後のケアを補助する役割がありは肌の水分量を保護する効果もあります。

オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20の効果とは?

オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20は石油合成の合成界面活性剤です。主にメイクを落とす役割にとしてオイルクレイジング商品によく含まれています。毒性に関しては危険性が少ない成分です。ただ洗浄成分として働きがあるため肌への負担は大きので長時間の肌につけたりパックのように利用することは避けましょう。

メドウフォーム油0の効果とは?

メドウフォーム油は高い美肌効果が期待され高い保湿効果があります。また水分の蒸発を防いでお肌乾燥を防ぎます。メドウフォーム油はトコフェロールを含んでいるので刺激もなく安心して使えるオイルです。

ジメチコンの効果とは?

ジメチコンは保湿効果が高く光や熱に対して強い性質をもっています。またジメチコンはシリコーンの合成成分であり生物学的に分解していないのでアレルギーや刺激の心配がなく安全性の高い成分となっています。

ベヘン酸/エイコサン二酸グリセリルの効果とは?

ベヘン酸/エイコサン二酸グリセリルはメイク商品からスキンケア商品まで幅広く利用されています。エモリエント剤の効果が高く安定した肌の保湿力があります。

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)の効果とは?

ダイマージリノール酸は乾燥防止/保湿効果/酸化防止/保水効果/光沢を出す効果/メイク全般の発色や粘着性に関与しています。皮膚への水分蒸散を防止し潤いを保つことが出来るので皮膚を和らげる効果があります。

トコフェロール効果とは?

トコフェロールはビタミンEに含まている成分のことです。トコフェロールは抗酸化作用とともに、毛細血管を拡げて血流を良くする効果があります。化粧品よく利用されていおりハリ・ツヤにも効果があります。

ステアリン酸イヌリンの効果とは?

ステアリン酸イヌリンは、オイルクレイジングなどの多く含まており合成界面活性剤、乳化剤として使用される事が多い成分です。効果としては洗顔やクレイジング時の汚れを落とす効果があり、他にも毛穴の黒ずみ除去/余分な角質除去なのどの汚れをすっきりさせる反面皮膚アレルギーが起こる可能性があります。ただオイルクレイジングを作る上で必要不可欠なものであり洗浄力アップさせる上では少し必要な成分です。

パルミチン酸デキストリンの効果とは?

高級脂肪酸のパルチミンとでんぷん由来のデキストリンの化合物で液状の油性成分にとろみを与えゲル化する働きがあります。化粧品に幅広く利用されており、乳液やクリームに配合されています。

■まとめ|人によっては合う合わないそれぞれ

現在、私はファンケルのマイルドクレンジングオイルを利用していますが肌荒れやつっぱり感が感じられません。洗顔後の肌が柔らかくてもちもちしているので総評すれば肌にやさしいのかと思います。ただ人よっては合う合わないがあると思いますが今なら通販500円で購入できるので一度試してみる価値はあるかと思います。

マイルドクレンジングオイル

幾つか参考になりそうな動画を貼りましたので良ければ見て下さい!